閉じる Close
に戻る ニュース

PROになる:コリン・リベラの若い頃の経験

02 11月 2020

28歳という若さながら、Team Sunwebのコリン・リベラは、平均年齢が24歳というチームの中ではかなりベテランのライダーに入ります。ロード、サイクロクロス、トラックサイクリングの各種目で72個の全米タイトルを獲得し、Tour of Flanders for WomenとThe Women's Tourでも優勝していることから、彼女の経験が勝利の鍵を握っていることは間違いありません。短縮された2020年のシーズンでは、それがTeam Sunwebの成功の鍵となるかもしれません。

「チームでは年長者ライダーに入っているのが、ちょっと面白いですね」とリベラは笑いました。「私は常に若手ライダーに数えられて、教えられる側でした。でも、あなたは1年で若手から年長ライダーになりそうな気がします。それにしても、私が知っていることを若い女性たちと共有するのは本当に楽しかったです。私は彼女たちのメンターになろうとしているし、あの場所に行ったことで最近、自分がチームの若いライダーだった頃のことや学びたかったことを思い出せるんです。」

レース日程が込み合うことを考えれば、2020年シーズンに向けて再始動してからのリベラの経験が、Team Sunwebの成功の鍵を握ることになるでしょう。「レースが再開された今は、フルガス状態です」と彼女は強調しました。「フルガスで、集中力もあります。今シーズンは圧縮されたシーズンですが、重要なレースはすべて参加してきました。この先、たくさんの大きな目標が生まれてきそうで、パフォーマンスを発揮しようという意欲も高いです。私たちは常にパフォーマンスを発揮することを目標にレースをスタートしていますが、今年は例年以上にハングリーさが増しています。」

「まだシーズンがあることを本当に感謝しています」とリベラは付け加えました。「大会が中止になったスポーツもある中で、私たちはもの凄く幸運です。だから、両手でチャンスをつかみ、すべてのレースに全力で臨んでいきます。個人的にはGiroとClassicsが楽しみです。」

「チームとして、Giro Rosaでタイムトライアルで良い結果を残せれば、それは素晴らしいことです」と彼女は続けました。「その後はステージ優勝を目指して、総合順位をできるだけ上げてゴールするGCライダーをサポートしたいですね」と彼女は続けました。

Team Sunwebのチームタイムトライアルの能力を考えれば、リベラか彼女のチームメイトの一人がリーダーのピンクジャージで第2ステージをスタートするのもあり得ない話ではありません。Giro Rosaの後にClassicsと、アメリカ人にはさらなるメジャーレースで勝利するチャンスが目白押しとなります。現在、2017 Tour of Flanders for Womenのタイトルは、彼女が手にした最も名誉あるワールドツアーの勝利としてランキングされています。

2020年、リベラは「De Ronde」での再挑戦に続き、1週間後には女子初のParis-Roubaixのチャンピオンになるチャンスを手にします。モニュメントに出場するためには、10月後半までに慎重にワークロードを管理する必要があります。ケガをしないことも重要ですが、そのためには完璧なバイクのフィット感を保つことも必要です。

今シーズン、リベラはPRO Bikegearのサドルを変更しました。「Team Sunwebは2年前からPROのサドルを使用しています」と彼女は説明しました。「前シーズンはPRO Stealthサドルを使用していましたが、今年はPRO Turnixの女性専用サドルに変更しました。過去にはPRO Saddle Selectorを使って選択の幅を狭めたことがありますが、両方に乗ってみて、Turnixの方がより快適なフィット感があることが分かりました」と話してくれました。

バイクのフィット感は万全に仕上がり、リベラは今後数ヶ月間に渡ってパフォーマンスを発揮する準備ができています。「Team Sunwebは大家族のようなもので、私たちの皆が、開発チームや男子チームが私たちから受けるようなインスピレーションを彼らから受けています」と彼女は強調しました。「男子チームはTour de Franceで活躍しており、それがGiro Rosaやその先の大会でも同じくらいの成績を残すモチベーションとなっています」と彼女は強調しました。

リベラと彼女の仲間であるTeam Sunwebのライダーたちの今後数ヶ月間の進歩を、Twitter (@CorynRivera)とInstagram (@corynrivera).

販売店を探す


次の関連記事

ニュースに移動

PROになる:テンダムがグラベルの魅力発掘

ローレンス・テンダムは、ロードのプ&...

続きを読む
MTB

マット・ウォーカーが2020年のUCI WC DHIシリーズ総合優勝を獲得

続きを読む
Blog Detail Template