閉じる Close
に戻る ニュース

PRO:マット・ウォーカー、2021年に向けて

09 2月 2021

2020ワールドカップダウンヒルの総合優勝者、マディソン・サラセンのマット・ウォーカーには、2021年の目標があります。しかし、この若き英国人ライダーは、プレッシャーを楽しんでおり、南アフリカでの夏のトレーニングキャンプを経て、今年のワールドカップで初勝利を狙う準備を整えています。

ムービードキュメンタリーはこちら

play

2017年に世界自転車選手権マウンテンバイクのジュニアカテゴリーで優勝して以来、マット・ウォーカーは未来のスターとなったダウンヒラーです。2019年のエリートレベルでの2年目のシーズンは難しく、2020年はやや自信を失った状態でスタートしました。Covid-19がバイクレースのスケジュールを一変させたとき、マディソン・サラセンのライダーは最も早く適応した一人でした。開幕戦のオーストリアでの世界選手権の後、ウォーカーはワールドカップの総合優勝を果たしました。

彼は、このスポーツで最も有名なスターたちを抑えて、それを成し遂げました。その結果、彼は2021年は追われる立場としてスタートします。しかし、彼にはまだ追うべき目標も数多く残されています。ウォーカーと彼のコーチであるフィル・ディクソンは、現役チャンピオンが目標とすべきいくつかのポイントを強調しました。

21歳のウォーカーにとって、エリートカテゴリーへのステップアップは不思議な出来事でした。「私がダウンヒルに興味を持ち始めたのは、たまたまグレッグ(ミナー)とジー(アサートン)が総合優勝を争っていたシーズンでした。結果的には、彼らは子供の頃の私のアイドルでした。そして3年前、エリートにステップアップしたとき、私は精神的な変化を余儀なくされました。尊敬の念が薄れたわけではありません。しかし、自分のアイドルがライバルになったことを認めなければならなかったのです。」

ウォーカーは、地に足のついた性格で、少しずつ着実に成果を上げていくことで、年々成績を伸ばしています。あるいは、ディクソンはそう語っています。「マットが15歳のときから一緒に仕事をしています」とディクソンは話します。「ウィル・ロングデンは、ジュニアとしてマディソン・サラセンに参加したとき、私に一緒に仕事をしないかと誘ってきました。最初の頃は、マットが楽しみながらスキルアップできるように指導しました。より体系的なトレーニングプランを導入したのは、彼がエリートカテゴリーになった時です。ジュニアでトップになって、ワールドクラスのライダーとの大きな差を縮めるのは本当に難しいこともあります。」

「3年間の着実な進歩により、マットはいるべき場所にいます」とディクソンは述べています。2021年は間違いなくビッグイヤーになるでしょう。「2020年にマットがワールドカップで優勝できなかったのは、ある意味では不幸中の幸いでした」とディクソンは振り返りました。「2021年に向けての大きな目標ができ、大きなモチベーションの源になります。」

2021年に向けた準備を最高の形でスタートさせるため、ウォーカーは1月に南アフリカを訪れました。彼の母国であるイギリスが雪に覆われた冬を過ごしている間、彼はステレンボッシュで太陽の光を浴びていました。ウォーカーは、「冬のトレーニングのためにステレンボッシュに来ようと思った理由は、この太陽の下に座ってみれば良く分かるでしょう」と笑いました「冬から逃れて、素晴らしいトレイルネットワークを走り、太陽の下でトレーニングすることができるのは素晴らしいことです。」

しかし、ウォーカーはトレイルライドやプールサイドでの日光浴を楽しむだけではありませんでした。ディクソンが、楽しいアクティビティに、筋力、柔軟性、爆発的なパワーのトレーニングプログラムを組み込んだのです。ステレンボッシュでの最後のトレーニングキャンプから1年が経ち、ウォーカーの成長はコーチを感嘆させました。「去年はスプリントの終盤になるとボロが出ていた」とディクソンは振り返ります。「今年は、トップまでペダルを踏んでパワーを出している。」「効率が良くなった」とウォーカーは答えました。

ダウンヒルのライバルたちにとっては不吉な兆候です。特に、彼とディクソンは、肉体的な準備だけでなく、精神的にもこれから始まるシーズンに向けての確実な準備計画を立てています。「バイクに乗ることを楽しむことは、とても大切なことだと思います。 」と、ウォーカーは言いました。「もちろん、特に雨や雪の中、ロードバイクに乗るのは大変です。でも、週末にダウンヒルバイクに乗ってレースに出られるというのは、価値のあることだと思います。私は自分のしていることが大好きです。」

ウォーカーがレースに向けてモチベーションを高め、リラックスした状態でレースに臨めるように、ディクソンはある特別な仕掛けを用意しています。「ダウンヒルの選手の多くはモトクロスバイクに乗っていますよ」と彼は微笑みました。「ですが、マットはトラックバイクが大好きなんです。なので、今年は自分のバイクに乗れるようにすることで、彼を生き生きさせ、楽しく過ごさせる計画です。トラックでの走行は、彼の反射神経を研ぎ澄ますだけでなく、彼を幸せにします。そして、それがワールドカップに向けての彼のハングリー精神とモチベーションの維持につながるのです。今、彼はワールドカップ初優勝に向けて、本当にハングリーになっています!」

困難なシーズンの中でモチベーションを維持することが、今年も成功の鍵となるでしょう。欧州ではCovid-19(新型コロナウイルス感染症)の第2波が発生しており、さらに追加の波も予測されているため、ワールドカップシーズンが現在の予定通りに進行するかどうかは定かではありません。ウォーカーは、2020年、非常にタイトなスケジュールの中で、4つのレースに柔軟に対応し、冬のトレーニングプログラムでの成果を発揮しました。

さらに1年間、自分のバイクとコンポーネントに慣れ親しむことができました。同じようなフィーリングを得るために、ウォーカーはダウンヒルバイクとトレイルバイクの両方でPRO Tharsis 35ハンドルバーとPRO Stealth Offroadサドルを使用しています。「PROは、Tharsis 35ハンドルバーの剛性とフィードバックをもたらす柔軟性のバランスを見事に見つけ出しました」と賞賛しています。「荒れた地形を克服するのに十分な剛性を持ちながら、トレイルのフィードバックを適切に提供するのに十分な柔軟性を備えています。バーの剛性が高すぎると、すべてのフィードバックが失われ、乗り心地に影響が出ます。」

「PRO Stealth Offroadのサドルは私にとても合っています」とウォーカーは付け加えました。「これまでいくつかのサドルを試してきましたが、私にとってこれほど効果的なサドルはありませんでした。すべてのバイクで使用していますが、長時間のトレーニングライドでも、とても快適に過ごせます。ステレンボッシュのようなキャンプでも、毎日乗っていても快適さを維持できました。 」

マディソン・サラセンのライダーは、装備と準備を整え、複雑な1年においてモチベーションを維持するプランも携えて、2021年もまた素晴らしいシーズンにするために、すべての要素を整えて迎えようとしています。彼のワールドカップ初優勝が期待できる年です。彼は追われる立場であって当然ですが、ウォーカーはその余分なプレッシャーを難なくこなしています。

次の関連記事

ニュースに移動

PROになる:コリン・リベラの若い頃の経験

コリン・リベラ
続きを読む
MTB

マット・ウォーカーが2020年のUCI WC DHIシリーズ総合優勝を獲得

続きを読む
Blog Detail Template