PRO Vibe Evo ハンドルバーヘッダー
に戻る ニュース

新しいPRO Vibe Evoハンドルバー
「より一体的に」

20 6月 2021

より一体的になったPRO Vibe Evoハンドルバーです。エアロダイナミクスとエルゴノミクスを両立させた美しいカスタムメイドデザインを求める、こだわりのあるロードライダーのために開発されました。

フードにシームレスに移行するトップのグリップは、エルゴノミクスに基づいた複数のハンドポジションを提供すると同時に、エアロダイナミックなプロファイルを誇り、バイク上でアグレッシブかつエアロダイナミックなポジションを維持することができます。

Vibe Evoハンドルバーは、電子シフトケーブルや油圧ブレーキケーブルの内部配線に最適化されており、ケーブルのないすっきりとした自転車のフロントエンドを実現します。PRO Vibe Evoハンドルバーは、SHIMANOのDURA-ACEやULTEGRA Di2ドライブトレインの機能性を最大限に引き出すために開発され、美しいデザインと最高の機能性を兼ね備えています。

play

Vibe Evoハンドルバー(ヨーロッパ*では2021年7月より発売)は、従来のケーブル駆動のドライブトレインやブレーキにも対応しており、従来のケーブルルーティングやセミインターナルケーブルルーティングのセットアップも同様に可能です。

PROエルゴノミックドロップグリップ(ヨーロッパ*では2021年11月より発売)との併用で、従来のハンドルバーテープの代わりにドロップ部分にSHIMANO Di2サテライトシフターを組み込むことが可能になります。

エルゴノミックドロップグリップは、あらゆる天候下でのコントロールを可能にします。ハイグレードなラバーを使用し、テクスチャー加工を施すことで、土砂降りの雨の中でも快適な握り心地と絶え間ないグリップ力を実現しています。また、コンパクトなドロップをPROハンドルバーテープで巻いて、クラシックな雰囲気を演出することもできます。Vibe Evoのハンドル上部にある交換可能なグリップは、上部を完全に包む必要がなく、1つのテープで両方のドロップを十分に包むことができます。

また、自転車用コンピューターを前方に取り付けるためのアタッチメントポイントも装備しており、シームレスな統合を実現しています。これは、Vibe Evoハンドルバーの統合されたオーバーサイズのステムと完全に一致しており、サイクルコンピューターをハンドルバーのエアロダイナミックなデザインに組み込むことができます。

PRO Vibe Evoハンドルバーコンテンツイメージ1

技術的特徴

- T700カーボン構造
- SHIMANO Di2と油圧ディスクブレーキに最適化されています

- フルインターナル、セミインターナル、従来のケーブルルーティングに対応
- 滑り止めと交換可能なグリップ
- SHIMANO Di2サテライトシフター統合を4ヶ所に配置
- 「ステム」の角度を±2度調整可能なシムを付属
- エルゴノミクスに基づいた5つのハンドポジションを提供:
  1. トップス
  2. パシュートポジション
  3. コーナーグリップ
  4. フードの上、シフトやブレーキをフェザーリング指
  5.ドロップ内
- 1 1/4インチのステアラーチューブと 1 1/8 インチのステアラーに対応(付属のシムを使用)
- 幅:38、40、42cm
- ステム長:105、115、125mm
- 重量:390g~
- アウトフロントコンピューターマウント機能

PRO Vibe Evoハンドルバーの5つのグリップオプション

1- トップス
ハンドルバーのトップセクションにある従来のハンドポジション。

2- パシュートポジション
手をフードの上に置き、前腕はトップセクションに当ててエアロダイナミックな姿勢を取っています

3- コーナーグリップ
エルゴノミクスに基づいた手の位置で、ハンドルバーの先端からブレーキフードに向かって前方に広がっている部分の角に手を当てています。

4- フードの上
従来のブレーキフードの手の位置。

5- ドロップ内
エアロダイナミックな姿勢をとっているときや、サドルから出てスプリントするときなどに使われる、ドロップにおける従来の手の位置。

もっと見る >

次の関連記事

ニュースに移動

新しいPRO Stealth Curved TeamサドルとPerformanceサドル
「快適さのための湾曲」

続きを読む

新しいPRO Stealth TeamサドルとPerformanceサドル
「次世代のPRO Stealthサドル」

続きを読む
Blog Detail Template